ゲーム動画コレクション

ゲームのプレイ動画やプロモーションビデオを中心に紹介していきます。


第十一回 ファイナルファンタジー13の発売時期 

 2007年12月、ひさしぶりに「ファイナルファンタジー13」の最新トレーラーが公開された。

2007年12月に公開された最新トレーラー


 グラフィックは綺麗だし、戦闘シーンも今までのFFと違い、キャラクターと敵が動き回るようになっているみたいだ。正直に言って、PS3のソフトの中で、一番欲しいタイトル。

 だが、このゲームソフトは、いつ頃発売されるのだろうか?

 おそらく2008年末の発売は、ちょっと厳しいかもしれない。まず、新しく公開された最新トレーラーと、2006年05月に公開されたトレーラーを見比べて欲しい。

2006年05月に開催したE3で公開したトレーラー


 動画の見れる場所が異なっているために、ちょっと画質に差はあるが、映し出されているシーンはあまり変わっていないことがわかると思う。

 特に、実際の戦闘シーンは、グラフィックだけでなく音も含めて、全く同じ。

 新しいトレーラーの後半に、敵が大量に襲ってきて追い詰められるシーンと、最後に助けに来る男性の新キャラクターが増えているぐらいだ。

 一番見たかった、実際にゲーム画面が全く無い・・・。

 E3で公開されたトレーラーから、約一年半経過しているが、開発状況はあまり進んでいないみたいだ。おそらく、まだ本気で開発していないのだろう。

 スクウェア・エニックスは、ある程度、ゲーム機が普及しないと、ソフトを供給しないメーカーである。

 2007年12月現在、スクウェア・エニックスから発売されたPS3専用ソフトは、一本も無い。しかも、発売時期が決まっているタイトルも一本も無い。

 どうやら、PS3がある程度の売上げ台数をクリアーするまで、発売する予定は無いようだ・・・。年末に入り、PS3本体が売れ始めてはいるが、まだ150万台を突破していない。

 ライバルのWiiは400万台を突破し、さらに勢いを強めているのとは対照的だ。

 2008年になってもWii > PS3は続くと予想されている。そのため、さらにPS3本体を普及させるためには、本体価格を下げたり、キラーソフトを増やしたりしなければならない。

 本体を普及しないと、最大のキラーソフト「ファイナルファンタジー13」が、発売されないから。

 ソニーは本当にきついぁ・・・。

※動画が正常に表示されない場合や、再生の途中で止まってしまう場合は、リンク元に重い負荷がかっているか、もしくは動画自体が削除されている可能性があります。
コラム | トラックバック(-) | コメント(-)

第十回 PS3 VS Xbox360マルチタイトル 売上比較 その2「ワールドサッカー ウイニングイレブン2008」 

B000W874EA VS B000JFSFEO VS B000VZWNF4

[PS2]ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008
[PS3] ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008
[360] ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008

 PS2との互換性を無くした新型が発売され、少しずつ勢いが出てきたPS3。「真・三國無双5」によるマルチタイトル対決ではPS3が勝利したが、ついにマルチタイトルで売上を比較できる「ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008」が発売された。

 「ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008」は「真・三國無双5」と違い、PS3とXbox360だけでなく、PS2バージョンも同時に発売された。

 今回は三機種で売上を比較したいと思う。

発売週の売上
 PS2 約305,000本 > PS3 約145,000本 > Xbox360 約12,000本

※追記で累計も入れる予定 

 まずPS3とXbox360だけを比べると、11:1の割合となっている。「真・三國無双5」の初週は9:1だったので、ややXbox360版が苦戦したみたいだ。

 それよりすごいのが、PS2版の売れ行き。PS3やXbox360を抑え、やはり普及台数の差が大きいために、PS2版が圧勝した。

 しかも約30万本も売れている。まだPS2から、PS3やXbox360などの次世代ゲーム機に動いていない人が多いと考えられる。

 年末・年始に少し動くと思うが、PS3とXbox360にはあまり行かない可能性が高い。新型PS3でも39,980円、Xbox360でも34,800円もするからだ。

 ゲーム本体が普及し始める価格は、三万円未満と言われている。2008年の年末には、Xbox360が三万円を切る価格になるだろう。

 PS3の方は、普及価格にするために一万円も価格を下げなければならないため、ちょっと厳しい・・・。

 やっぱりPS3は2008年もつらい戦いが待っていそうだ・・・。

 「ワールドサッカー ウイニングイレブン2008」の売上に話を戻すが、日本では12月にサッカーのFIFAクラブワールドカップが開催される。

 史上初、日本の浦和レッズが出場することで、過去に無く盛り上がっている。おそらく、サッカーの試合の間に入るCMには、このゲームばかり流すだろう。

 もし、浦和レッズが勝ち進めば、その勢いに比例して「ワールドサッカー ウイニングイレブン2008」の売上が伸びるはずだ。

 最終的にPS2とPS3とXbox360の売上比率が、どう変化していくのか非常に楽しみだ。
コラム | トラックバック(-) | コメント(-)

第九回 アクティビジョンまさかの延期 

2007/12/06
アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝
(ソニー・コンピュータエンタテインメント)
CONAN(コナン)
(THQジャパン)
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
(ディズニー・インタラクティブ・スタジオ)

2007/12/13
グランツーリスモ 5 プロローグ
(ソニー・コンピュータエンタテインメント)
コール オブ デューティー4 モダン・ウォーフェア
(アクティビジョン)

2007/12/19
トランスフォーマー THE GAME
(アクティビジョン)

2007/12/20
ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック
(アクティビジョン)
FIFA 08 ワールドクラス サッカー
(エレクトロニック・アーツ)
メダル オブ オナー エアボーン
(エレクトロニック・アーツ)
タイムクライシス4
(バンダイナムコゲームス)

 2007年12月に発売されるPS3ソフトは、全部で10本ある。いや・・・、正確に言うとあった。

 実は、アクティビジョンから発売されるソフトの延期が決まったからだ。12月に発売されるアクティビジョンのゲームソフトは、「コール オブ デューティー4 モダン・ウォーフェア」と「トランスフォーマー THE GAME」と「ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック」の三本。

※「コール オブ デューティー4 モダン・ウォーフェア」は、二週間延期しただけなので、年末商戦には間に合っている。

 メーカーから情報が出ていないため、延期になった理由はわからないが、もともと少なかったPS3のラインナップがさらに弱くなった。

 延期されたソフトを除くと、実際のラインナップは下記の通りになる。

2007/12/06
アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝
(ソニー・コンピュータエンタテインメント)
CONAN(コナン)
(THQジャパン)
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
(ディズニー・インタラクティブ・スタジオ)

2007/12/13
グランツーリスモ 5 プロローグ
(ソニー・コンピュータエンタテインメント)

2007/12/20
FIFA 08 ワールドクラス サッカー
(エレクトロニック・アーツ)
メダル オブ オナー エアボーン
(エレクトロニック・アーツ)
タイムクライシス4
(バンダイナムコゲームス)

2007/12/27
コール オブ デューティー4 モダン・ウォーフェア
(アクティビジョン)

 発売されるソフトが全部で八本となり、ついに一桁になってしまった。あまりソフトが売れない時期ならわかるが、一番ゲームが売れる12月でこのラインナップは厳しい・・・。

 しかも、海外のゲームやXbox360とのマルチタイトルが、ほとんどである。日本で製作されたタイトルは、「グランツーリスモ 5 プロローグ」と「タイムクライシス4」の二本だけ。

B000RZBDNG
[PS3] タイムクライシス4+ガンコン3

 「タイムクライシス4」は、ゲームセンターで人気のタイムクライシスシリーズの最新作。アーケードからの移植だけでなく、家庭用オリジナルモードも搭載されている。

 ゲーセンで実際にプレイしてみたらかなり面白かったが、ゲームソフト+ガンコン3なので、価格が11,500円と高めに設定されている。

 二人でプレイする場合は、さらにもう一つガンコンを購入しなければならないため、キラーソフトと呼ぶにはちょっと厳しいかもしれない。

 となれば、あと一つしか残っていない。

B0009RQKTY
グランツーリスモ 5 プロローグ 特典 特製ステッカー付き

 前作の「グランツーリスモ 4 プロローグ」が約50万本売り上げている、ソニーが誇るみんなのGOLFシリーズと双璧をなす看板ソフト。

 ソニーから発売されるので、他のゲーム機に移植されないのも利点の一つとなっている。

 プロローグにしてはちょっと価格が高めだが、グラフィックは今まで見たレースゲームの中でもトップクラスだと思う。

B000VPGPM6
ロジクール G25 レーシング ホイール

 本格的に楽しみたい人は、ハンドル型のコントローラーも一緒に購入するみたいだ。

 レースゲームが好きな人は「グランツーリスモ 5 プロローグ」すれば良いが、もしあまり好きではない人はどうすればいいんだろう・・・。

 2008年になれば「魔界戦記ディスガイア3」や「デビル メイ クライ 4」など、注目のソフトが発売される。

 どうにかして、2007年を乗り切れば、PS3は戦えるようになるだろう。かなり厳しい戦いになるだろうが・・・。

 ただ、グランツーリスモシリーズは、延期されることが多い。本当なら「グランツーリスモ 5 プロローグ」は、2007年10月に発売される予定だったが、延期となっている。

 もし「グランツーリスモ 5 プロローグ」の製作が間に合わず、2008年へと延期してしまったら、PS3はもう駄目かもしれない。
コラム | トラックバック(-) | コメント(-)

第八回 PS3まさかの逆襲 

 2007年11月の第一週。本体価格を下げてゲームソフトを二本も付属したXbox360「バリューパック」が発売された。

 価格改定した本体と同時に「エースコンバット6」や「アイドルマスター」廉価版などが発売され、本体の売り上げを押し上げた。

 その結果、週間のゲーム本体の売り上げ台数が、日本で初めてPS3をXbox360が上回った。かなり僅差だったが、大金星といっても良いだろう。

 2007年11月の第一週はXbox360のターンだったが、2007年11月の第二週はPS3のターンだ。勢いを取り戻すために、PS2との互換性を無くし本体価格を下げた新型PS3の発売した。

 新型PS3に合わせて、キラーソフト「真・三國無双5」と「ラチェット&クランク フューチャー」を発売し、形勢を立て直した。

 歴史的敗北から一週間後、また歴史的なことが起こった・・・。

 先週負けてしまったXbox360だけでなく、累計台数で首位を走るWiiにも勝利し、据え置きゲーム機の週間売り上げ台数でトップに躍り出たのだ。

 さらに2007年11月の第三週も、ライバルのWiiに勝利し、二週連続据え置きゲーム機の売り上げ台数でトップとなった。

 しかも2007年11月の第四週には「ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008」が発売されるため、PS3の勢いが持続する可能性がとても高い。

 三週連続トップを夢ではなくなった。

 PS3陣営は11月中に、できるだけWiiとの差を詰めておきたいところだろう。なぜなら、2007/12月・2008/01月はずっと任天堂のターンだからだ。

 もともと任天堂は年末・年始に強い。さらに「スーパーマリオギャラクシー」、「Wiiフィット(「バランスWiiボード」同梱)」、「大乱闘スマッシュブラザーズX」とキラーソフトが立て続けに発売される。

 PS3の「真・三國無双5」や「ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008」と違い、任天堂から発売されるので、絶対に他のゲーム機ではできない。

 だから、もしゲームをプレイしたい場合は、Wiiを選択しなければならないのだ。

 任天堂の強さが発揮されるのは、これからなのだ。どれだけWiiが売れるのか、そしてPS3がどれだけ踏ん張ることができるのかが注目される。

 ただPS3の12月のラインナップを見ると10本しかなく、Xbox360とのマルチのタイトルも多い・・・。

 きついなぁ・・・PS3は・・・。

B000WZ3NY8 B000WZ7OD4
[PS3] PLAYSTATION 3(40GB) クリアブラック
[PS3] PLAYSTATION 3(40GB) セラミック・ホワイト
コラム | トラックバック(-) | コメント(-)

第七回 PS3 VS Xbox360マルチタイトル 売上比較 その1「真・三國無双5」 

真・三國無双5(通常版) 特典 PS3版オリジナルスリーブ付き VS 真・三國無双5(通常版) 特典 Xbox 360版オリジナルスリーブ付き

[PS3] 真・三國無双5(通常版) 特典 PS3版オリジナルスリーブ付き
[360] 真・三國無双5(通常版) 特典 Xbox 360版オリジナルスリーブ付き

 2007年11月11日、PS2との互換性を無くし本体価格を抑えた新型PS3と共に、プレイステーション3の命運を握るキラーソフトとして「真・三國無双5」が発売された。

 ただ、このキラーソフト候補の「真・三國無双5」は、プレイステーション3だけの発売ではない。マルチタイトルとしてXbox360用も同日に発売された。

 PS3やXbox360はゲームソフトの開発費が、他の機種に比べると高騰しているため、少しでも元を取ろうとマルチにする場合が多くなった。

 「真・三國無双5」の次には「ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008」や「デビル メイ クライ 4」など、有力タイトルのマルチが続く。

 そこで、PS3とXbox360で同時に発売されたマルチタイトルは、どちらがどのくらい売れるのかシリーズ化して、調べてみようと思う。

※注意
 マルチタイトルはかなりの数があるが、日本向けでしかも売れそうなタイトルだけを選んでいる。

 第一回目はコーエーのドル箱シリーズの最新作「真・三國無双5」新型PS3に合わせたため、変則的に日曜に発売され、集計期間が一日となっている。さて、結果は・・・。

発売週の売上
 PS3 約176,000本 > Xbox360 約27,000本

※追記で累計も入れる予定

 予想通りかもしれないが、やはり本体の普及台数の差がものに出てしまっている。ただ、Xbox360が一割強の売り上げをたたき出したのは予想外だった。

 コーエーは確実にPS3の方に力を入れていた。すでに決まっていた発売日をわざわざ新型PS3に合わせたり、PS3版のコマーシャルを大量に放送した。

 しかも、ゲーム雑誌の事前レビューでは、Xbox360に比べてPS3の方が、ロード時間が早いと褒められていた。

 にもかかわらず、Xbox360の売り上げが一割も占めるのだ。コーエーだけでなく、コナミやカプコンが発売するソフトをマルチ化する理由がわかる気がする。なぜなら、Xbox360でも少しは売り上げを望めるからだ。

 発売されるタイトルやジャンルにもよるが、「PS3 : Xbox360 = 9 : 1」の割合で、マルチタイトルが売れていくだろう。とすると、もしこの割合が変化したら、ゲーム市場におけるゲーム本体の割合が変化したことになる。

 次の勝負は「ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008」を予定している。しかし、「真・三國無双5」と違って、PS3とXbox360だけでなく、PS2でも発売される。

 三機種の割合がどうなるかも楽しみだ。
コラム | トラックバック(-) | コメント(-)
サイトマップ
 ■はじめに
 ├ブログ紹介
 └カテゴリー紹介

 ■ゲーム動画
 ●ニンテンドーSwitch
 ├マリオカート8 デラックス
 ├ARMS
 ├スプラトゥーン2
 └その他
 ●Wii U
 └その他
 ●ニンテンドー3DS
 ├ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー
 ├Hey! ピクミン
 ├大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-
 ├真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY
 ├世界樹と不思議のダンジョン2
 ├レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀
 ├スナックワールド トレジャラーズ
 └その他
 ●PS4
 ├GUNDAM VERSUS
 ├地球防衛軍5
 ├FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE
 ├龍が如く 極2
 ├モンスターハンターワールド
 ├二ノ国II レヴァナントキングダム
 └その他
 ●PS3
 ├TVアニメ アイドルマスター シンデレラガールズ G4U!パック
 └その他
 ●PSV
 ├サガ スカーレット グレイス
 ├塔亰Clanpool
 └その他
 ●マルチプラットフォーム
 ├よるのないくに2
 ├ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
 ├MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE
 ├この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!-
 ├ザ・ロストチャイルド
 ├祝姫 -祀-
 ├ファイアーエムブレム無双
 ├いただきストリート DQ&FF 30th アニバーサリー
 ├ドラゴンボール ファイターズ
 └その他
 ●ゲームハード別
 └まとめ 一覧